関東オフ会 2017.4


議事内容

 

 

●中体連は「各校に参加させてやっている」姿勢。例として、生徒が自転車で行くときは(安全のため)顧問がつけと通達している。すると大きな荷物はどうするのか? クルマがないと運べない。つまり、結局2人の顧問が必要となる。本県では過去に交通事故が起きて厳しくなった。

 

●中体連費は人数全員分を学校が払う。お金の絡みで、勤務中では仮入部から3日で正式入部を決めろという指導になる。そして5月の中体連各部総会で予算を決める。だから春の大会までに人数が確定しないと困るという理屈だ。

 

●近年の部活問題の動きは、真由子さんのブログから自然発生的に。ネットで繋がり、やがて顔を合わせて話そうよ、ということになった。

 

●3月の長沼先生の研究会でも、「私は(ハンドルネーム)○○です」と何人も名乗りをあげて、ああ、あの人かと、認識が深まり、さらにネットの繋がりが広がった。

 

●自分は以前、部活問題で体育科の校長とけんかして、職員室に机を置かせてもらえなかったことがある。

 

●生徒がけがをしたらどうなるか知っていますか? 部活は法律上は「校長がお願いします」ということになっている。命令はできない。なぜなら勤務時間外だから。そして勤務時間外だから、教員が勝手にやらせていることになる。だから生徒がけがをすると、校長がその顧問に「謝れ」と責任を迫るようになる。

 

●(上記の)この件を機に、違法性を感じるようになった。そして校長を追及したところ、配置の件以外にも嫌がらせを受けた。校長が自分の授業を毎日ほぼ毎時間見に来る。そして一日1コマしかない空き時間は校長室に呼ばれて「指導」を受ける。要は、そこで仕事をさせないように、時間を埋める嫌がらせだった。

 

●今は地域スポーツを担当していて、引率顧問を年に1回している。

 

●現場の先生方は19時まで部活。それから授業準備では帰りがかなり遅くなる。家族もいたらそんなことできないでしょ? だから授業準備なんかしなくなる。

 

●授業準備ができないから、業者のプリントを使って、それを読んで答えを入れるような授業が増える。

 

●ひと頃は毎年胃潰瘍を患った。それでも、血を吐きながら、代わりの教員がいないので大会引率をしたこともある。

 

●大会中に生徒がけがをしたが、校長が責任を逃げて顧問に押し付ける。ちなみにこの校長は全国中体連のある競技のトップだ。

 

●校長経験者が出身の教育委員会、指導主事たちが人事を行う。 校長試験はそこで推薦された人が受けるから、面接、作文はあるにしても出来レースだ。

 

●中学で、ずっと熱心に部活を指導していた。しかし部活のおかしさに気づき 今年度から辞退。学校では自分一人だけ。辞退しても仕事に問題はない。仕事上の立場も変わり、かえって校内の発言力も上がった。

 

●しかし多くの先生は部活が人事評価にもなるので、辞退はしづらいだろう。

 

●ある球技の練習時間の長さは突出しており、顧問の労働時間は週に120時間にもなる。指導も荒く、たとえば床のモップ掛けは、昔は血を拭くためなんて言われたものだ。

 

●生徒がけがをしたとか、突発的生徒指導だと時間がいくらでもかかる。日付が変わることもあるが、生徒のためだからやる。そしてそういうことに関して教職調整額があるのだ。

 

●本来部活は任意。でも校長が「お願い」して、断ることは難しい。

 

●部活を持つと土日休めない。自分の勤務校ではダウンする教員が続出し、一ヶ月に一人ぐらいのことも。その穴埋めでまた同僚に負担がいく。

 

●部活で体をこわすと療養休暇に入る。たいがい精神科にもかかって慢性的になってしまう。

 

●自分は教員3年目。(3年前)採用が内定した後の1月に部活の件をヤフーニュースで見て不安になり、Twitterを始めた。

 

●最初は運動部を当てられた。主顧問は熱心で、長時間活動した。副顧問の自分も土日出勤を押し付けられた。自分は一年間抵抗した。しかしこれは大変に勇気がいる。一年目は法律上は仮採用だから首にできるから。だから他の新任は従った。でも自分は最低限にとどめた。それでも苦しんだ。

 

●初任者研修で主幹教諭が、入院中、点滴を受けて安静と言われていたのに、点滴を抜いて病院を脱け出し、大会に行ったことを自慢げに語っていた。

 

●担任をしても、生徒にきちんと向き合い、対処できない。なぜか? 担任は生徒の様子を観察し、メモを作る必要があるのだが、今は部活や諸業務でそれさえできない。

 

●自分は私立校勤務。異動がないから、最初の頃に部活指導不適格のレッテルをたぶん貼られ、実際ほとんど部活を見ていない。部活優先の学校運営がまかり通り、それで行事さえも左右されるような勤務校の実態に不信を持ち、ツイッターを始めた。

 

●私立が部活問題の諸悪の根元。私立の競争強化に、公立が巻き込まれている。

 

●私立校は私学助成金という税金財源の補助金を受けながら、スポーツ特待や施設に金を注いでいる。ここを断たないといけない。

 

●自分はもとは小学校。ある球技の顧問がいないのでお願い、と言われて中学に異動。自分は他競技経験者で、その球技は動きさえわからない。夏に審判講習会などで休めず、体調を崩した。この頃親には「過労死したら骨を拾ってくれ」と冗談抜きで言っていた。

 

●教員もそうだが、生徒にも休みがない。大会になると朝4時に家を出発して集合、など当たり前。子供にも部活以外の時間がない。家族で過ごしたり、好きなことをしたりもできない。

 

●新年度に経験がある種目の部の副顧問になって、ある程度経験がいかせるようになったが、やはり厳しい。

 

●長時間練習しても生産性がない。集中力が続かない。

 

●やりすぎはだめ、それが教育のはずなのに、教員が過熱している。

 

●学習にも悪影響。脳にもよくない。

 

●朝練で睡眠時間を削られるし、授業にも集中できるはずがない。

 

●自分の学校は授業が成立しないので、不本意ながら授業中に2分間休憩を与える。それぐらい疲れている生徒が多い。

 

●オーバーワークの故障も頻発。テニス肘などもよく聞く。

 

●学習指導要領通りなら「生徒が自主的自発的にやる」オプションなのに、それが肥大し、本業を圧迫する。

 

●今の学習指導要領ができる時、中体連高体連は部活強制の明記を望んだ。が、実際の文言は自由参加になった。しかしそれが尊重されていない。

 

●かつてあった必修クラブ制度が限界だった。

 

●東京都は代替制がなくなっておかしくなった。

 

●最近の地方分権の流れの中で、国は地方に部活問題で直接言えない。しかし地元では教委が現場に丸投げしている。

 

●PTA会費を部活に流用する実態がある。

 

●「育成会」年に3000円を全生徒から集めるが、部活に流用している。

 

●うちの自治体は部活全入を撤回した。

 

●部活全入は学習指導要領には反している。違法とまではいかないが。

 

●全入制度だと部活に入らない生徒、やめて行き場のない生徒。やめようにも転部先が決まらないとやめられない。それで「勉強部」として形だけ、数時間残して勉強させたりしている。

 

●部活がなくなったらどうする、というが、なくなっても受け皿はある。

 

●むしろ現状は強制によって、子供の自由な時間を侵害している。

 

●地域スポーツと部活への振り分けを職員会議で提案したら校長に叱責された。

 

●公立の校長が定年退職後、私学や競技団体に天下る。

 

●校長が県の中体連の正副会長のような役割につくと、しょっちゅう不在になる。

 

●教育課程内の授業を潰して、課程外の大会ばかりやっている。

 

●本県は平日に大会をやっている。春秋一週間ずつ。そこはみな自習になる。基本は土日だが、会場を押さえる都合上、平日にはみ出す。

 

●中体連の専門委員になると、その教員は年間3分の2しか学校にいない。穴のあいた授業は、他の先生がプリントを配るだけ。

 

●週6日制の私立は土曜の大会で生徒が顧問が抜ける。

 

●職員室にはNGキーワードがある。「めんどくさい」「土日入れたくない」→やる気ないと見られる。

 

●同じく、熱心にやっている教員を批判することも許されない雰囲気がある。

 

●欲しがりません勝つまでは、休みません勝つまでは

大会で負けたらすべて終わりという価値観を刷り込まれる。。戦時と同じ。

 

●部活は顧問のものになってしまい、生徒ががんじがらめになる。

 

●部活をなくせば 生徒達を地域に返せる。民間に指導が移管されることで活性化も図れる。

 

●部活をなくせば教員も授業準備に時間を割き、授業の質があがる。

 

●メディアには多治見の事例の取材をしてほしい。

 

●今は名乗りをせずに活動しているが、顔を出して発言できる時代がきてほしい。 


メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns