カテゴリ:部活



教員の声 · 2020/07/05
タカツ 関東 40代 小学校教諭  ばんざーい!ばんざーい!  夏の甲子園が中止になりました!!  部活動を間違った方向へと導いていた象徴の「甲子園」が中止となりました。  きっと一時的なものでしょうが、それでもとても大きな前例となったのではないでしょうか。...
教員の声 · 2020/06/19
疲弊教員 20代 公立教員 文部科学省の学校再開のガイドラインを見ていると、通常時の教員の仕事(通常時でも、超ブラックな働き方をしているのに)より大幅に仕事量が増えています。
教員の声 · 2020/06/19
ヘトヘト教員 中 コロナウィルスによる臨時休校要請で、現場の教員は混乱していました。
教員の声 · 2019/07/07
もょもと 東北 40代  公立中 学年主任 教員の働き方改革は「労働問題」であるにも関わらず、教育の論理で議論が進むから、効果的な改革案が出せません。労働問題には労働者の論理でアプローチすべきです。
さまざまな声 · 2019/07/06
galmin 近畿 20代 学生 教職のあり方について考えたときに、労働の大前提が欠如していることに気がつく。
教員の声 · 2019/06/07
50代 中学校 教員を増やす必要はありません。今いる人員で勤務時間内でできることをすればいいのです。人を増やせば、仕事を増やすことにつながる可能性があります。教員自身が創造した仕事も少なくありません。
教員の声 · 2019/04/02
公立・高・女性 事務仕事のために生徒を指導できない現状を変えてほしい。期限の迫る事務仕事や会議のために、補習を休日に行う教員や、部活動中に活動場所からいなくなる教員がなんと多いことか。
教員の声 · 2019/03/04
ケロケロ 公立・中 「働き方改革」と世間で騒がれ始めてから、本校でも、早く帰りなさいという動きが出てきている。そのため、仕事が勤務中に終わらず、持ち帰りが増えた。
教員の声 · 2018/09/07
匿名 四国 20代 小学校教諭 勤務時間外労働に対する正しい対価を受け取ることよりも、適正な勤務時間で働き、元気よく児童と関われる学校になることを願う。
教員の声 · 2018/04/11
Y 30代 中学校 私は中学2年生の担任、教科の担当学級全員400人以上の成績処理、生徒会顧問、部活動の指導等により疲弊感に包まれてしまいました。

さらに表示する