ブログカテゴリ:業務精選



教員の声 · 2019/07/07
もょもと 東北 40代  公立中 学年主任 教員の働き方改革は「労働問題」であるにも関わらず、教育の論理で議論が進むから、効果的な改革案が出せません。労働問題には労働者の論理でアプローチすべきです。
教員の声 · 2019/05/01
働き方改革義務化希望 近畿 20代 公・中・教諭 働き方改革が言われ出して、みなさんの業務は変わったでしょうか?
教員の声 · 2018/02/26
rundogrun5 50代 公立小学校 組体操廃止は危機管理(=子供や指導者が事故を起こしたときのダメージの回避)の観点からすると、真っ当に取り組むべき案件であるはずなのに、多くの学校現場でその議論が活発化しにくいというのが現状ではないでしょうか。
教員の声 · 2018/02/10
ITマース 20代 中学校常勤講師 教育課程検討会議アンケートにて 「校務分掌のスクラップ&ビルド」「現職部と教科部の統合」「~教育の統合と総合領域への吸収合併」「生徒会組織・委員会の再編」「部活動の地域社会の緊密な連携・協力」を訴えました。
教員の声 · 2018/01/13
匿名希望 中学校教員 国が措置している予算は義務教育段階に対する予算と考えられ、部活動指導員も中学校なら一人二人と配置が見込めても、高校へは予算が計上されておらず、ということは都道府県で予算をたててくれるかになるが、これでは地域差が出てくるのが目に見える。
教員の声 · 2017/12/27
斉藤ひでみ ここにきて大幅に傍聴者が増えました。マスコミの方も、僕ら外野の声を沢山拾ってくれるようになりました。僕は諦めません。最後まで勝利を信じて戦います。皆さん、どうか関心を持ち続けて下さい。
教員の声 · 2017/12/21
公立小学校  公立小学校教諭 給特法の改正が必要。16時まで授業。ほぼ毎日会議やら研修が入り、休憩時間もとれないまま終業時間。それでも仕事が終わるはずもなく、残業と持ち帰り仕事。なぜ労働に対する正当な報酬が支払われないのか。おかしい。そして、給特法のおかげで、本来教師がすべきではないことまで教師の仕事として押し付けられている現状。皆気づいている場はず。給特法の廃止は必須。でないと、違憲訴訟起こされてもおかしくない。
教員の声 · 2017/12/06
rundogrun5 50代 公立小学校 最近、教員の長時間労働に関する議論の中で、「学校滞在時間」や「在校時間」という言葉が使われているのを目にすることが多いです。この表現の仕方に疑問を感じずにはいられません。
教員の声 · 2017/11/16
確かに、学校単位で業務を精選する必要は多くあるとは思うが、それでも総合的に見ると説得力に欠ける論が多く、これに負けるような文部科学省では学校の職場環境改善や教職員増など夢のまた夢であろう。奮起を切に願うものである。