教員の声 · 2017/12/11
tekinneasy 北海道 50代 中学校教諭・休職専従組合役員 私達は今後もこの特別部会で提示される案や議論、それを受けた文科省・教委等の具体的な動きを注視し、この「学校における働き方改革」を「働かされ方改革」や「働かせ方改革」とさせないようにしなければなりません。
教員の声 · 2017/12/11
九州 40代 中学校 私は部活動改革の一つの方法を提案したい。『運動部の活動をシーズン制にする』こと、『初志貫徹』を美学とする日本的な発想の転換。
教員家族の声 · 2017/12/06
関東 20代 教員家族 ゆとりある部活を選ばなかった中学時代の自分のミスなんだと思いますが。 辞めたくても内申書に響く、高校受験に響くと言われると辞めれませんでした。 1年生の時期に部活が嫌で一時期不登校にもなりました。 久しぶりに戻るとずっとうさぎ跳びをさせられました。
保護者の声 · 2017/12/06
奏ママ 40代 保護者 担任がいて、その子供に合わせて、カリキュラムを組む。 義務教育の9年間で必要な単位を取得する形にする。 なので、授業は好きな先生や、面白い先生、授業の上手な先生を子供たちが選ぶ。 担任の先生も選んでいい。 子ども達が自分の意志で選択する。
教員の声 · 2017/12/06
point of no return 関東 20代 公立中学校・音楽 新卒初任者でした。 音大出身で、レッスンは実に厳しかったので、メンタルの強い方と思っていました。 何故、ここに寄稿したのか、 学校に勤め、どうなったのか、 知ってほしいのです。
生徒の声 · 2017/12/06
関東 10代以下 生徒 部活動強制加入システムの存在を日本国から抹消しない限り、子どもは親の居住地という自力では変えにくい要素によって部活動強制加入システムに巻き込まれ、自由を奪われる可能性を背負い、そして運が悪いとブラック部活によって精神や肉体を害されることになってしまいます。
教員の声 · 2017/12/06
rundogrun5 50代 公立小学校 最近、教員の長時間労働に関する議論の中で、「学校滞在時間」や「在校時間」という言葉が使われているのを目にすることが多いです。この表現の仕方に疑問を感じずにはいられません。
教員の声 · 2017/12/02
斉藤ひでみ 僕らのネット上での発信と同様のことを、多くの委員さんが代弁してくれたように感じる。ここに紹介できなかった発言も含めて、実に委員さんの半数以上が、僕らの思いを汲んだ発言をしてくれるようになった。
教員家族の声 · 2017/12/02
いちご 関東 20代 公立中学校 サッカー部顧問の妻 私の旦那は自分の息子が産まれる時ですら人の子供のために働かなければならないのかと泣いてばかりで精神的にかなり追い詰められました。 息子ができた今は本当に大変です。 ワンオペ育児状態です。
教員の声 · 2017/12/02
狩野伸行 近畿 40代 公立中学校 吹奏楽部顧問 子ども達を自律させ、管理・拘束をやめ、顧問のできる時間に制限して活動しました。 活動時間が半減した「ホワイト部活」で今年も全国大会に出場できたのは、 自分たちで道を切り開いていく子ども達の素晴らしい力と、支えてくれる仲間のおかげでした。

さらに表示する

メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns