Lesson5 K6ストレステスト

 

 

2017年11月06日(月)に行われた中教審「学校における働き方改革特別部会」において、「筑波大学の教員勤務実態調査委託事業【メンタルヘルス】研究チーム」による、教員勤務実態調査(平成28年度)『教員のストレス状況に関する分析について』が発表されました。ここでは ※ K6 という尺度を用いて、ストレス状況を把握する手法がとられました。

 

発表では「合計点が5点を超えれば高ストレス」ということです。そして資料では小学校教諭の平均が5.49、中学校教諭の平均が5.69ということで、「教諭はメンタルヘルスの状態が不良である」と小括されました。

 

みなさんも、以下の質問に回答し、ご自身のストレス状況をチェックしてみませんか。

 

 

 

 

-------- K6ストレステスト --------

 

 

いずれも、過去30日間を振り返って回答してください。

 

 

■Q1 神経過敏に感じましたか  

 

0点:全くない

1点:少しだけ

2点:ときどき

3点:たいてい

4点:いつも

 

■Q2 絶望的だと感じましたか

 

0点:全くない

1点:少しだけ

2点:ときどき

3点:たいてい

4点:いつも

 

■Q3 そわそわ、落ち着かなく感じましたか

 

0点:全くない

1点:少しだけ

2点:ときどき

3点:たいてい

4点:いつも

 

■Q4 気分が沈み込んで、何が起こっても気が晴れないように感じましたか

 

0点:全くない

1点:少しだけ

2点:ときどき

3点:たいてい

4点:いつも

 

■Q5 何をするのも骨折りだと感じましたか

 

0点:全くない

1点:少しだけ

2点:ときどき

3点:たいてい

4点:いつも

 

■Q6自分は価値がない人間だと感じましたか

 

0点:全くない

1点:少しだけ

2点:ときどき

3点:たいてい

4点:いつも

 

 

合計得点 ___ 点

 

---------------------------------------

 

 

 

※ K6・・・抑うつ、不安を評価する指標。6項目、5件法、5点以上で高ストレス状態を示唆。

 

 

【参考】「小中学校教諭、若い世代・女性ほど高いストレス」読売新聞オンライン記事 より

 

小中学校教諭、若い世代・女性ほど高いストレス

11/7(火) 14:27配信 読売新聞

 

 小中学校の教諭が管理職に比べ、心身への影響が心配される高いストレス状態にあることが、教員の勤務実態調査を基にした筑波大の分析結果でわかった。

 

 6日、教員の働き方改革を議論する中央教育審議会の部会で公表された。

 

 文部科学省の2016年度調査の対象となった小中学校の教員約1万5000人について調べた。

 

 落ち着きのなさや気分の落ち込みなど6項目について数値化し、役職ごとの平均値を算出。小中学校ともに、校長3点台、副校長・教頭4点台に対し、教諭は頭痛や血圧上昇などの影響が出る恐れのある5点を上回った。

 

 

 教諭の場合、若い世代が数値が高く、男性より女性が高かった。1週間で75時間以上働く教諭は男女とも6点を超えた。分析を担当した筑波大の笹原信一朗准教授(産業精神医学)は「教諭の中でも、仕事の経験が少ない若い年代ほどストレスが高いとみられ、改善が必要だ。女性が高い傾向にあるのは、育児などの要因も推察される」としている。

 

 


メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns