変えなきゃいけないのは、私たち教員なのですか?

匿名

(中部 20代 公立小学校教諭)2017


 

変えなきゃいけないのは、私たち教員なのですか?

 

不登校の子がいるとき、勤務時間が過ぎているからと、家庭訪問をしないんですか?

昼休みに泣いている子がいるとき、休憩時間だからと、声をかけないんですか?

早く帰りたいからと、子どもが書いた作文を読まないで返すんですか?

 

そんな人を教師と呼べるんですか?

 

 

私たちは目の前の子どもへの愛情と、自らの時間・家族の時間を天秤にかけて働いています。

そうやって苦しんで、自らの生き方を決めてきた。

なのに今度は働き過ぎ?早く帰れ?働き方を変えろ?教務室が変わらない?

 

冗談じゃない。私たちに働き方改革を求めるのは残酷です。ここまでに十分苦しんできました。今も苦しみながら働いています。

 

最近の情報を見ると、「変えなきゃいけないのに、変わらない先生たち」とされている様な感があります。

 

変えなきゃいけないのは、私たち教員なのですか?

私たち「現場の教員」が長時間労働解消に向けて変えられることは、子どもを見捨てることだけです。

 




メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns