部活動にかかわる違和感

高校英語教師@high_school_JTE

(20代 公立高校教員 2年目)2017


 

怪我をするまで頑張ることが素晴らしい、怪我をすることで仲間の大切さを実感できる、そんなことを指導者が言うなんてバカな話があるでしょうか。怪我をしないよう無理しない、無理させないことが指導者には必要なはずなのに。怪我を精神論で美化するように語るのはやめてほしいです。

 

 

部活動を強化しようという動きがあり、グラウンドのナイター設備を充実させるために予算が動いているようです。しかし、練習器具を購入するのはわかりますが、どうしてナイター設備なのかがわかりません。まさか、夜8時、9時までグラウンドで練習する気でしょうか。怖いです。

 

 

良い加減、1週間で休養日を設けずに部活動をしている先生を「顧問の鏡」として崇めるのはやめた方がいいと思います。インフルエンザが流行っている時でさえ休養を取らせないせいで、部内で集団感染が起きる・学級閉鎖に繋がる、なんてことは十分にあり得ることですよ。

 

 

効率ばかりを追求してしまうことにも弊害はあるでしょう。しかし、「餅を桶屋」に任せ「桶を餅屋」に任せるなんていうことをしていると、人件費と時間の無駄になってしまいます。学校では、生徒に「得意なことを活かそう」と指導します。自分の特技が発揮できる方が誰でも幸せなのではないでしょうか。

 

 

労働生産性が話題のようです。効率の悪さは学校にもあります。例えば、同期でサッカー経験がある方がいるのですが、部活はバスケットの顧問をしています。未経験種目を指導する為に一から勉強している様子を「頑張っている」と言うのは聞こえが良いですが、生産性の低さを助長しているだけとと言えます

 

 

生徒「部活やめたいです」

教員「部活やってない生徒はダメになる。だから、やめさせない」

生徒「じゃあ帰宅部の人はどうなんですか?部活してませんけど」

教員「…。

部活をやってない生徒は最初からしっかりしてるから。問題なのはやめた奴だ」

こんな矛盾したやり取りありませんか?

 

 

部活がブラックになってしまうのは、勝利主義と囚人のジレンマに陥っているからなのでは?と勝手に推測です。

1)とある学校が勝つために他を出し抜いて多く練習する。2)他も真似し時間が長くなる。3)自校のみ時間を短くすると極端に不利になるため、長時間の活動をやめたくてもやめられない。




メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns