賛同します。

みいこ

(公立小学校、教員家族)2017


 

私の主人も中学校の体育科教員、毎週末部活動に励む1人です。

 

 

同業の私から見ても、尊敬に値するほど主人はよく働いています。

 

生徒のために休日返上で部活動は当たり前。

普段は生活指導主任の職務をこなす。

周りをよく見て、学校が円滑に回るよう気を配る。

 

文句の付け所がありません。

 

 

2週間ほど前、私は主人に酷い言葉を浴びせてしまいました。

「じゃぁ、家にいてよ!」

 

 

我が家には6歳と2歳の子供がいます。

部活に忙しい主人は不在が続き、3人の生活についイライラしてしまい、子供にキツイ言葉をかけてしまった時に主人に止められ、思わず出た言葉でした。

 

主人にもっと家にいて欲しい。

家族のために、主人の体のために、これは私の一番の願いですが、一番口にしてはいけない言葉だと思っていました。

身を粉にして子供の為に働く主人を、板挟みにできないからです。

 

主人は無言でその場を後にしました。

本当に申し訳なかったと今でも思います。

 

 

 

また、職場にも問題があります。

仕事に偏りがありすぎます。

主人のように一生懸命な人ほど仕事をかかえ、周りはそれをフォローもせず、お休みを取り放題。主人は部活で痛めた腰を病院で見てもらう時間すらありません。

均等な職務を、切に希望します。

 

 

「都大会決まったよ。」

と、申し訳なさそうに報告してくれた主人。

まだまだお父さん不在の週末が続くという意味です。心から喜んであげられない自分が辛いです。何が正しいのかもう見失ってしまいます。

 

どうか中学校教員の仕事が改善されますよう。

 



メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns