誰のために 何のために

山田太郎

(四国 30代 小学校)2017


 

小学校に勤めていますが、一体何のために作られたのか分からない行事や活動が多いです。

 

公立小学校は教員の異動も多いため、数年もするとその当時は意味があって作った活動でも

 

どういう理由で作られたのか、はっきり分かる人が学校にいない場合もあります。

 

 

 

そして、そうした活動を減らせないことが大きな問題だと思います。

 

減らそうとしても、今までやってきたから、地域の声もあるからなど

 

費用対効果や本当にやる意味があるのかなど関係なく、感情論で話が進んでしまいます。

 

結局、雪だるま式に仕事が増えていきます。

 

 

 

新学習指導要領になれば、小学校は今まで以上に多忙になります。

 

もっと仕事をスリムにしなければ、本当に学校が活動できなくなるのではないかと不安です。

 




メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns