答えはシンプルではないかと思います。

匿名

(東北 50代 保護者)2017


 

4月から、子どもが中学校に入学しました。入学してから3ヶ月が過ぎましたが、現代の中学校生活が、こんなにも過酷で、小学校までとのギャップが大きいとは、思ってもいませんでした。

部活動問題を考える時、その答えは、とてもシンプルではないかと私は思います。

 

中学校は義務教育であり、中学生の本分は、義務教育の最後三年間でまとめられるべき、「勉強をする」ことにあるのではないでしょうか。

 

毎日、米袋よりも重い教科書や荷物を背負って、早朝から登校する。授業を六時間受け、その後長い部活動。帰宅は登校から数えても、ほぼ約12時間後。

 

休む間もなく食事をし、ノート数ページ分の家庭学習。気付けば睡眠時間を削られて、11時近くの就寝時間。

眠ればすぐに、朝がやってくる…。このような生活は、まるで残業に終われるサラリーマンのようです。

 

中学校とは、中学生の生活とは、一体何を大事にするべきで、先生方は子ども達に何を育てて行こうとしているのか…

学習は何のために?部活動は何のために?一体誰のために?学校の名誉のため?指導する先生の指導力を見せるため?評価のため?…?

 

そんな、本当にシンプルな観点から、中学校生活を見直していく事は出来ないものなのでしょうか…。

 

毎日毎日、本当にこれを全て使うのか?!と思うほどの教科書や資料を鞄に詰め、早朝から出かけていき、クタクタになって帰宅する我が子を見ていると、いつか倒れるのではないか、病気になるのではないかと、本当に、心底不安でたまらない毎日です。

 

たまたま興味を持ち、入った部活が合わなくても、辞めたくても、辞められない。

厳しい練習に巻き込まれていく。

指導する先生からも、かなり厳しい言動を受けているという声が聞こえてきても、誰も立ち上がれない。

 

本当に、馬鹿馬鹿しくなります。

そんなことに巻き込まれるために、子ども達をこれまで育てて来たのではない!と、思っている保護者は、沢山いるのではないでしょうか…。

 



メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns