未経験競技の顧問になって

匿名

(近畿 40代 公立中学校教諭)2017


 

 

以前の私の職場では、「全員顧問制だから」「主顧問、副顧問は決めずにみんなで」という慣習のもと、顧問が決められていた。

 「やったこともない競技の顧問なんか無理です!」と、管理職に言うと「自分もそうやってやってきた。見てるだけで良いから。」との、無責任な押し付け。

 

 結局、見てるだけで良いはずなんかない。(今思えば、同調圧力にやられていただけだったのだが、当時は先輩や後輩にどう思われるかが、怖かった。)書籍を自腹で購入し、必死にルールを覚え、シューズなども自腹で購入せざるをえない。生徒からも保護者からも、「もっとしっかり教えてほしい」と言われる。経験のある先生のおられる学校に練習(練習試合の交通費は自腹)に行ったりして何とか頑張ったが、審判やさまざまな大会への参加は、かなりの負担だった。

 

 結局、クラスのこと、授業の準備などが不十分な状態で、追い詰められる。毎日のように20:00退勤。帰宅は21:00。休日も、家庭生活は完全に崩壊していた。

 

 今後はもう、顧問はしたくない。

 



メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns