『ブラック部活動』禁書事件

匿名

(公立教員)2017


 

ショックなことが起こった。

内田良氏『ブラック部活動』が学校で禁書・焚書扱いにされたのだ。

 

私は、購入した『ブラック部活動』を机の上に置いていた。

この本の存在が現場に知れ渡る事が、部活動改革に役立つと思ってのことだった。「部活動をやって当たり前」の雰囲気の職員室では、こんなちょっとした行動にも、それはそれは大きな勇気を要した。

案の定、私の行動は周囲から疎ましく思われたようだ。奇異の目で見られるようになった。冷たい視線を常に感じ、職員室は針のむしろとなった。

 

学校に勤めていない人には伝わらないかもしれない。でも同業者には、決して大げさではない事を分かってもらえると思う。

 

『ブラック部活動』は間違った事を書いていない。この本は、部活動の存在全てを否定している訳ではない。部活動のこれからを考える為に、現在の問題についてまとめられた本なのだ。

「部活が好きで好きでたまらない」教員や学校こそ、この本をヒントに、これからの部活動のあり方を考えなくてはならない。部活動を本当に残したいのなら、今のままではいけない。

部活動のあり方は、私たちが議論しないといけない、私たち自身の問題だ。

 

しかし、目を開いて欲しいはずの部活大好き教員は、この本を見えない所に葬りたかったらしい。あるとき、私は校長から直々にこう言われた。

「机の上のあの本を撤去してくれないか」。

理由は、「不快に思う教員がいる」とのことだった。さすがに衝撃を受けた。

これは、現代の焚書ではないか。

 

程なくして、もう一つの衝撃的な知らせが届いた。

学校図書館にリクエストしていた『ブラック部活動』が、管理職によって却下された、ということであった。生徒に知られてはまずい「不都合な真実」を隠そうとしたのであろう。

まさかとは思ったが、本当に禁書扱いまでなされるとは思わなかった。

図書館に入れる入れないは管理職に決裁権があるとは言え、図書部主任も「こういった例は聞いた事がない」と語った。

 

これが、学校の現状だ。

 

同様の事は全国の学校で起きるのではないかと、私は危惧している。学校では、当たり前のように、管理職や部活大好き教員にとって都合の悪い発言は、抹殺される。

それを悪気無くやっているようだから、学校現場の常識は驚くばかりだ。

現代に、焚書や禁書がなされている。

管理職には、事の重大さについて気づいてもらいたい。

同様の事例が生じたら、内田良さんに連絡をしよう。

 




メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns