ブラック化の原因は、教育行政ではなく、断らない教員自身である

フローラルカメムシ

(50代 公立中学校)2017


 

 30年以上部活動顧問はしていません。年度初めの会議では、ずっと拒否宣言をしてきました。

 

 部活動が教員の負担になっている最大の原因は、教員自身が「部活動顧問を断らなかった」からです。

 

 もし、校長から顧問を引き受けるように言われても「職務命令なら勤務時間内しかしません。土日の練習や大会引率はしません。」と断言すればいいのです。校長は立場上、勤務時間外の指導を命ずることができません。しかし、現実の部活動の活動時間や生徒・保護者の希望などを考慮すると、それ以上説得しても無駄だと判断します。もし、「わかった、勤務時間だけでいい。」と校長が妥協すれば、その後の生徒・保護者からの不満が、校長に向くことが想像できるからです。

 

 校長も「いろいろ当たったが、顧問のなり手がない以上、実施はむつかしい。」という理由で廃部宣告ができるのです。校長も案外、断ってくれることを望んでいるかもしれません。

 

 部活動顧問をしたくない教員が、「サブや副顧問なら、できる範囲でお手伝いします。」などと、返事をすれば大変なことになります。主顧問が年度途中で降りることがありえるのです。退職、異動、休職、など何が起こるかわからないのです。安易に名前を出すと「主顧問」に昇格することがありえるのです。




メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns