ホワイト先生のbukatsu講座


 さて、今日さっそく寄せられたコラムの翻訳を始めたのですが、読みつつ英語を打ちつつ「これを外国の人に理解してもらうのは難しいだろう」と感じました。

 

自腹を切ってる、休日がない、個人の携帯にバンバン着信する、家族はないがしろ、超長時間拘束。そもそも学校の教員がここまで課外活動を見なければならない異常さ。その前提に何があるのかを述べないければなりません。

 

ですので英語圏に向けての発信は、まず「そもそもニッポンのブカツとは何か?」を説明することから始めます。

 



 

Mr. White's talk about bukatsu

Lesson 1:部活は日本独特の学校文化

 

 「部活は日本独特の学校文化」 

 

 

部活は日本独特の学校文化です。

 

部活は日本語で「学校のクラブ活動」を意味します。

 

「クラブ活動」という言葉から、あなたは何を想像しますか?

 

たぶんあなたは、友達と一緒に、短い時間で、せいぜい週2~3回、活動を楽しむ、というところでしょうね。

 

しかしながら、日本は全く異なる、恐るべき「学校のクラブ体制」を持っているのです。

 

ほとんど全ての高校と中学校には、学校に付随するクラブがあります。

 

学校のクラブは二つのカテゴリー、運動部と文化部があります。

 

…ここまではおかしな話はないですね。

 

 

" Bukatsu is Japan's unique school culture "

 

 

Bukatsu is Japan's unique school culture.

 

Bukatsu is a Japanese word meaning "club activities at school."

 

What do you imagine from the word "club activities?"

 

Perhaps you enjoy some activity with your friends for a short time, a few times a week at most.

 

However, Japan has a completely different, awful "school club systems."

 

Almost all of the high schools and junior high schools have school clubs affiliated to the school.

 

School clubs have two categories, sports and cultural activities.

 

...These are not strange facts. So far.

 



 

 Mr. White's talk about bukatsu

Lesson 2:日本の部活の驚くべき3つの事実

 「日本の部活の驚くべき3つの事実」 

 

 

 

日本の学校のクラブには、あなたが知るような「(学校の)クラブ」と比べて、三つの驚くべき事実があるのです。

 

1.生徒たちは学校のクラブに加入することを強く求められます。時に強制です。

 

2.学校で働く教員たちが、学校の全てのクラブをコーチ(指導)することになっています。

 

3.多くのクラブが、土日さえ含めて、週5日を超えて活動、練習します。

 

驚きましたか? もし驚いても、不十分ですよ。詳しく見てみましょう。

 

" Amazing three facts of club activity in Japan "

 

 

 

School clubs in Japan contain three surprising facts, compared to "(school) clubs" as you know.

 

1. Students are STRONGLY expected to join a club at school, sometimes compulsory.

 

2. Teachers working at school are also to coach all the clubs at school.

 

3. Many of the clubs have activities/trainings more than 5 days a week, even on Sats&Suns.

 

Are you surprised?  ...If so, not enough.  Let's see more details.

 



 

Mr. White's talk about bukatsu

Lesson 3:学校の名にかけて

 

「学校の名にかけて」

 

 

日本の十代のスポーツのほとんどは、学校のチームで行います。

 

 

もちろん、学校外のスポーツクラブやチームもあります。

 

 

けれども、ほとんどの生徒達は学校のチーム/クラブを好むのです。なぜでしょうか?

 

 

理由は二つあります。一つは経済的なものです。学校のクラブ活動には、余分な月謝がかかりません。しかしこれは小さな理由に過ぎません。

 

 

第二の理由、日本の部活を語る上で欠かせないことですが、日本の中高生たちや親たちは、「学校の名前で戦い、全国選手権に挑戦する」ことに強くこだわるのです。

 

 

この信仰は、日本以外の人たちにとって理解するのが難しいでしょう。

 

" In the Name of the School "

 

 

Most of the teenagers' sports activities are based on school teams.

 

Of course, there are quite a few sport clubs and teams outside schools.

 

Most of the students, however, prefer their school teams/clubs. Why?

 

There are two reasons. One is an economical reason. You don't have to pay extra fees for school club activities. But this is  just a minor one.

 

The second reason, which is indispensable for you to talk about bukatsu, or school clubs,  is that Japan's junior and senior high school students, and their parents, strongly desire to "compete in the name of school and try for championships of the category".

 

It will be difficult for people outside Japan to understand this belief.

 



 

Mr. White's talk about bukatsu

Lesson 4:部活の王様 高校野球

 

「部活の王様 高校野球」

 

 

 「学校所属のチーム、クラブ」=部活、での競争が当たり前の光景になっている日本ですが、なぜこんなにも過熱してきたのでしょうか? その答えへの手掛かりとして、この国で最も盛んな部活、高校野球について紹介します。 

 

 

 日本で最も人気のあるスポーツ、それは野球です。アメリカに次ぐ規模のプロリーグを持ち、五輪やワールドベースボールクラシックでも優勝実績があります。この日本の野球人気、競技人口の多さを底支えしているのが、高校野球なのです。

 

 

 現在、日本の高校野球チームは約4,000、登録部員数は約160,000人います。高校生の数は約3,300,000人なので、5%近い割合を占めています

 

 

 これらのチームが全国制覇をかけて試合をするのですが、驚くべきことに、高校野球の全国タイトルは年間4つあるのです。メジャーリーグでも日本のプロ野球でも、優勝は一つなのにです。

 

 

4つのタイトルのうち、最も重要とされるのは夏のチャンピオンシップ、さらに春のチャンピオンシップです。なぜならこれらの二つの大会は、その全試合が全国に生中継されるからです。

 

 

公益財団法人 日本高等学校野球連盟「平成29年度部員数統計(硬式)2017年5月末集計」より

 

" The King of Bukatsu--High School Baseball "

 

 

 Competitions among school teams/clubs are so common and popular here in Japan, but why have they become so harsh? As a clue to this question, let me introduce the most popular bukatsu, or school clubs, high school baseball.

 

 The most popular sport event in Japan is baseball. Japan's professional baseball leagues are second to those of the USA, and Japan has won the Olympic gold and World Baseball Classic. It is high school baseball that has long supported Japan's baseball.

 

 At present, about 4,000 high schools have baseball teams (of course all the teams belong to schools) and there are about 160,000 students registered. As the total number of high school students is around 3,300,000, basketball club students account for nearly 5%.

 

 All of these teams play for a national high school championship, but surprisingly, there are as many as four champion titles in a year, although even professional MLB and NPB (Nippon Professional Baseball) has one championship a year.

 

 Among the four titles, the most inportant seems to be summer championships, followed by spring championships. This is because all of the games of the two championships are lively broadcast on TV throughout Japan.

 

 Japan High School Baseball FederationThe number of the members Statistics 2017 (Hardball baseball) End of May count

 



メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns