ホワイト先生のbukatsu講座


 さて、今日さっそく寄せられたコラムの翻訳を始めたのですが、読みつつ英語を打ちつつ「これを外国の人に理解してもらうのは難しいだろう」と感じました。

 

自腹を切ってる、休日がない、個人の携帯にバンバン着信する、家族はないがしろ、超長時間拘束。そもそも学校の教員がここまで課外活動を見なければならない異常さ。その前提に何があるのかを述べないければなりません。

 

ですので英語圏に向けての発信は、まず「そもそもニッポンのブカツとは何か?」を説明することから始めます。

 



 「部活が彼らの日々を奪い、破壊し、彼らを消沈させる」

 

 

部活は日本独特の学校文化です。

 

部活は日本語で「学校のクラブ活動」を意味します。

 

「クラブ活動」という言葉から、あなたは何を想像しますか?

 

たぶんあなたは、友達と一緒に、短い時間で、せいぜい週2~3回、活動を楽しむ、というところでしょうね。

 

しかしながら、日本は全く異なる、恐るべき「学校のクラブ体制」を持っているのです。

 

ほとんど全ての高校と中学校には、学校に付随するクラブがあります。

 

学校のクラブは二つのカテゴリー、運動部と文化部があります。

 

…ここまではおかしな話はないですね。

 

日本の学校のクラブには、あなたが知るような「(学校の)クラブ」と比べて、三つの驚くべき事実があるのです。

 

1.生徒たちは学校のクラブに加入することを強く求められます。時に強制です。

 

2.学校で働く教員たちが、学校の全てのクラブをコーチ(指導)することになっています。

 

3.多くのクラブが、土日さえ含めて、週5日を超えて活動、練習します。

 

驚きましたか? もし驚いても、不十分ですよ。詳しく見てみましょう。

Bukatsu deprives, destroys their days, and depresses them

 

 

Bukatsu is Japan's unique school culture.

 

Bukatsu is a Japanese word meaning "club activities at school."

 

What do you imagine from the word "club activities?"

 

Perhaps you enjoy some activity with your friends for a short time, a few times a week at most.

 

However, Japan has a completely different, awful "school club systems."

 

Almost all of the high schools and junior high schools have school clubs affiliated to the school.

 

School clubs have two categories, sports and cultural activities.

 

...These are not strange facts. So far.

 

School clubs in Japan contain three surprising facts, compared to "(school) clubs" as you know.

 

1. Students are STRONGLY expected to join a club at school, sometimes compulsory.

 

2. Teachers working at school are also to coach all the clubs at school.

 

3. Many of the clubs have activities/trainings more than 5 days a week, even on Sats&Suns.

 

Are you surprised?  ...If so, not enough.  Let's see more details.



メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns