· 

過労死寸前の勤務状態

教員家族

 

 

夫は、義務教育学校の教頭をしている。

 

その勤務時間や業務内容が極めて過酷である。

まず、勤務時間。

朝は6時30分に出勤、帰ってくるのはほぼ21時を回っている。

そして、土日や長期休業中もゆっくり休めたことがない。

残業時間は、毎月140時間を軽く超えている。

 

次に業務内容。授業はもちろんのこと、校舎の管理、

山のようにある書類の処理や点検から、校内に出たアブの退治まで、多岐にわたる。

自分の業務だけでも大変なのに、その日お休みの先生がいたら代教に行く、

長期休職した先生の学級の代理で学級担任もやる。

一体いつになれば帰ってくるのか…、22時を回ると、

学校で一人倒れているのではないかと心配する夜も度々である。

 

そして、1番負担になっているのは、休日の地域行事への参加や協力、PTA活動である。

地域の公民館や幼稚園が体育館を貸してくれ、と言われれば休日も学校に出て行く。

地域集会にも1番に駆り出される。

PTA活動では、チケット作りからPTA会計までしている。

こんなことまで教員の仕事なのか、と甚だ疑問である。

この上、非常変災時には、休日でも夜中でも学校に駆けつけなくてはならない。

こんなことは、行政できっちりやってくれと言いたい。

 

これも、地域に対しての体裁や評判を気にする歴代の校長たちが

地域や行政にいい顔をして、考えなしにどんどん仕事を引き受けてきた結果であろう。

地域も行政も保護者も、もっと自分らで子供や地域のために仕事をしてほしい。

学校は何でも屋ではない。夫にも家庭での時間や自分の時間を与えてほしい。

学校で、教頭が1番大変で弱い立場である。これではみんな尻込みするのも納得だ。

 

夫に何かあれば、間違いなく訴えるつもりである。

 

 


メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns