· 

野球部に感じた違和感

トム 近畿 40代 地域です

 

 

 

高校の隣に住んでいます。長年住んでいるんですが、色々ありまして、4、5年前から、学校の部活(特に野球部)が異常ではないか?と気付いてしまいました。昨年の4月~7月頃の野球部は、平日帰宅後6時頃から8時頃まで大声を出しながら練習をします。大声は8時までですが、練習は9時、酷い時は9時半まで。この時期は、週当たり土日含め30時間以上は確実に練習していました。大声もそうなんですが、ふと、学校の部活は3時半から始まってることに気付いて練習時間の長さに驚きました。それに、私自身も、野球部は夜遅くまで練習するものと思い込んでいたので、大声練習には参っていたものの、夜の9時まで生徒が練習している事に「違和感」すら抱いていませんでした。でも、よくよく考えてみると、なぜ、学校が、未成年の生徒を夜の9時まで練習させているのか?これは人権問題、違法ではないか?と気付いた次第です。体育会系じゃない私ですら、野球部は夜遅くまで練習するというのは常識だったので、監督や保護者、生徒は今の過剰な練習量の異常さに気付いていないと思います。それから、練習内容も古過ぎると感じています。その中のひとつに、「大声の強制」があります。部活の常識「声を出せー」を一度考えてほしいと切に思っています。

 

今回はこの練習時間の長さと古い練習内容だけでなく、もう一つあります。それは、この大声練習を聞いていた時に感じた違和感の中で「子供は野球をやらされているのではないか?」「子供は大人(監督や●保護者)が喜ぶから野球をしているのではないか?」ということでした。高校で野球をしている生徒は、少年野球から野球をしている子供が多い。地域の少年野球の募集広告には、土日8-5時練習と書いています。本当にそれだけ練習しているのかどうかは確認していません。それから、少年野球の大会も多いし、野球が盛んな地域です。もしかして、小学生の頃から、土日、3連休や長期休暇は、大げさでなく野球しかしていないのではないか?と思ったんです。休みの日は野球するものと思い込んでるのでは?子供は小学生の頃から、大人から甲子園を目指すように誘導されているのではないか?子供は、知らない間に、自分が甲子園を目指していると思うようになってるのではないか?と言う事です。だから、生徒自身も、自主練習を含め、過剰に練習してると思われます。それに幼い頃から野球漬けなので、休みの日に野球以外、何をしていいのか分からないのでは?とすら思ってしまいます。したい人がしたいだけ練習するのは危険。本当は、大人が規制をかけるべきなのに、その大人が過剰に練習させている状態でもあります。何が言いたいのかと言うと、野球少年は、甲子園(勝つ事が一番大事)を目指すように洗脳されているのでは?と言う事です。個人的には学校の部活は、練習時間や大会の上限を決めて(大幅な縮小が早急に必要)、全国大会(勝利至上主義)を廃止して、一つのスポーツだけに拘らない、楽しくて軽く運動出来るレクリエーションとしてのスポーツに移行してほしいと強く思っています。

 



メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns