教員の声 · 2017/11/24
30代でうつ病を発症。 以後三回の休職。 一年半、三年半、三年半。 この度回復の見込みなく、退職しました。
教員の声 · 2017/11/24
沖縄県は、部活動が盛んです。 月に一度の第3日曜日(県が定める家庭の日)が唯一の休みです。(それを守らない学校も有) 年間の大会も、協会主催も含め7回前後あります。 女子体育なので、もちろん部活見るでしょ?という感じ。 結婚して子供が産まれたら顧問から外れることもあるのかな?という感じ。
教員の声 · 2017/11/22
ここ最近、団塊の世代が多く退職され、若い教員が増えてきたように感じるようになりました。若い教員が増えるのは良いのですが、「部活動とは」を知らずに顧問を持たされ、すぐに生徒と接して指導を行う現実。
教員家族の声 · 2017/11/22
教員の役割負担が過剰であり、改善を望むとの活動の趣旨、内容に賛同致します。 「聖職」の名の本に相当な過重労働を強制されているように思います。
教員の声 · 2017/11/22
本年度より特に出退勤簿の管理が厳しくなりました。といっても入力はエクセルでの手入力、出勤時間はいくら早く来ても定時、退勤はエンドレスで入力可です。
教員の声 · 2017/11/22
私は勤続15年以上の中学現役教員です。皆さんの活動に賛同します。少しばかり私の部活動に対する意見を書かせて下さい。
教員の声 · 2017/11/22
勤務時間が始まる前に児童が登校する実態は、常におかしいと思っていました。
教員の声 · 2017/11/22
中学校の教員を志望した段階で「部活動があるとは思わなかった」なんて人は、いないでしょう。皆、部活が勤務時間を超えて行われていることも知っていたはずです。
教員の声 · 2017/11/22
研究指定校。「やれ、やれ!」と、※4役が研究授業を強制。ヒラの教員は、やっと終わった、と思いきや、また次の研究授業で準備に追われる。
教員の声 · 2017/11/22
しかし誰にでも都合があり、どうしても部活動引率より優先しなければならない用事が発生することは、ごく自然なことであるが、これを管理職がバックアップするという仕組みそのものが存在しない。

さらに表示する

メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns