Twitter

教働コラムズ@kyodo_columns



NEW!新着コラム

NEW!! 中央教育審議会 の 学校における働き方改革特別部会 について


エピソードやご意見等、お声をきかせてください。

➡コラム寄稿フォーム

 

▼ メインコンテンツ ▼

国際的にみても日本の教員の異常な勤務実態が危険視されているなか、際立って問題視すべきは加熱した部活動のようです。

寄せられたコラムでは、部活動の実態と教員の就労問題に焦点が当てられていました。

部活問題は現在実際に悩んでいる者だけに関わるのではなく、国民全体の問題です。なぜなら将来の教育や労働に関わる税金の使い道を考えることと直結するからです。どうかより多くの方に関心を持っていただき、寄せられた声に対してご意見をいただければ幸いです。

教員の働く仕組みについて、押さえておきたいポイントを解説します。
学校の先生の勤務時間ってどうなっているの?正採用と常勤講師・非常勤講師の違いは?修学旅行は勤務時間内?超勤四項目とは?教員養成課程で部活についての講義、単位がないってどういうこと?

※なお、教員の業務その他はかなりの地域差があり、ここで紹介しているものが全ての自治体に当てはまるとは限りません。もしも不適切なものがあればご連絡ください。

ここでは「全国過労死を考える家族の会」で全国の公務災害を担当されている工藤祥子さんの活動をご紹介いたします。

過酷な就労状態であるにも関わらず、もしもの時に補償されない、そんな不条理を経験した教員過労死遺族の声をお聞きください。

 

※ 過労でお悩みの方、公務災害認定でお困りのご遺族の方はお問合せよりご相談ください。


日本の学校文化に根深い「部活」ですが、ここではその在り方を国際的な視点から考察します。異文化から見ると、異常な労働観への驚きがあるようです。

各専門分野の研究者が主催する研究集会のほか、資料を持ち寄って開催する勉強会、テーマを決めて論議する座談会、組合による活動などで建設的な議論が交わされています。ここでは、特に記録を残したオフ会・座談会などの内容を一部公開いたします。

ご覧いただいた方にとって有益なものとなれば幸いです。

 



以下にご紹介する組織は全て教働コラムズとは別の運営です。

 

▼ 教職員の働き方に関する活動組織のご紹介 ▼

 

~学校にも働き方改革の風を~をスローガンとして「教職員の時間外労働にも上限規制を設けて下さい!!」という署名活動を展開する有識者組織。

 

学校の中と外をつなぐディスカッションの場。管理人のソラ氏とともに、学校のみならず、広く教育というテーマに向き合いましょう。

 


 

▼ 部活問題に関する活動組織のご紹介 ▼

 

マンガでわかる部活問題

『休憩しながら15分で楽に読める!』をモットーに、「部活動の+面と-面」を紹介しています。『マンガ+統計データ+短い文章』で、読む負担が少ないと好評です。様々な記事やブログは、どれも断片的です。その断片を楽に広く見わたせるサイトです。部活動によって何がもたらされ、何が奪われているのか?休憩しながら、お楽しみください。

 

公立中学校 部活動の顧問制度は絶対に違法だ!!」のブログが国会の衆議院予算委員会にも取り上げられた真由子さんなど、部活問題の先駆けとなった6名の組織。「教師に部活の顧問をする・しないの選択権を」「生徒に部活に入部する・入部しないの自由を」の2種類の署名を集め、文科省に提出しています。

いま、部活問題に取り組む教員有志によるネットワークが全国規模で立ち上がっています。各地域代表者の言葉や、設立からの歩み、メディア掲載情報等をご紹介しています。



部活問題マップ

※部活問題マップでは2017年4月にtwitter上で行ったアンケートをもとに、オフ会等参加者を開催地域ので示しています。(教働コラムズ作成)

 


部活問題 レッドシールキャンペーン

〜赤いシールを机に貼って仲間とつながろう〜

 

【キャンペーンのねらい】

部活問題に関心があるけれど、職員室では話題にしづらい、なかなか相談できないと思っている先生はいませんか?

そんな思いを抱えた先生同志がつながるためのキャンペーンを提案します!

 

【キャンペーンの参加方法】

方法は簡単。職員室の『机上の右隅に赤いシール』を貼るだけです。

▼アンケート集計結果(部活問題対策プロジェクト作成)


メディアの方へ

For the press or journalists

 

当サイトの全ての内容は引用可能です。

ご利用の場合は お問合せフォーム または下記メールアドレスまでご一報ください。

教員や教員家族、保護者への取材は、内容や地域をマッチングいたします。

We will offer every content in our site to you for publishing on your media.

If you would like to cite our contents,

please notify us in advance by Contact Us or the following e-mail address.

 

info@kyodo-bukatsu.net

 

教働コラムズ 

KYODO columns